C.ルメール騎手3週連続重賞勝利!

アリストテレス、AJCC奪取で悲願の重賞初制覇!

 

今年の古馬中距離戦線に繋がる関東の伝統重賞、第62回アメリカJCCが24日中山競馬場で行なわれ、C.ルメール騎手騎乗のアリストテレスが1番人気に応えて見事優勝。昨年菊花賞2着馬が、古馬になり悲願の重賞初制覇を成し遂げた。

 

ゲートが開いて外からジェネラーレウーノが飛び出していき、同じく外からウインマリリンとジャコマルが追いかける形でレースが始まったなか、注目のアリストテレスは中団よりやや前目でレースを進める。不良馬場という事もあり、最初の1000mは63秒3とかなりのスローペースに。こうなると後方で待機していた有力馬の一角、サトノフラッグなどは後方から前に進出することが出来ず、残念ながら出番はない形になってしまった。

 

そんな中でも横綱競馬をしたのがアリストテレス。3コーナー手前から徐々に外に持ち出しながら進出を開始すると、残り200mで前を交わして堂々の先頭に。そこからは余裕を持ちながら、詰め寄るヴェルトライゼンテやラストドラフトを半馬身抑え込み優勝。着差以上に強い勝ち方で、前走菊花賞で3冠馬コントレイルをクビ差まで追い詰めた実力を存分に見せつける形となった。

 

勝ったアリストテレスは父エピファネイア、母ブルーダイヤモンドという血統。鞍上のC.ルメール騎手は先々週のフェアリーS、先週のグラティアスに続く3週連続重賞勝利。ルメール旋風はまだまだ終わらない。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました