レッドルゼル、重賞初制覇へ3度目の正直!

レッドルゼル、根岸S制覇!

 

春のダート王決定戦に繋がる府中の伝統重賞、第35回根岸Sが31日東京競馬場で行なわれ、川田将雅騎手騎乗のレッドルゼルが1番人気に応えて見事優勝。3度目の正直で念願の重賞初制覇を成し遂げた。

 

ゲートが開いてまず飛び出していったのは、メイショウテンスイ、サクセスエナジー、スマートセラヴィーの3頭。直線前まで3頭の先頭争いが続いた為、前半半マイルの通過タイムは46秒3とそこまで速いペースにはならなかったものの、先行勢には息のつかない厳しい流れとなってしまった。現に先行勢で上位に残ったのはトップハンデながら内で粘ったアルクトスくらいで、あとは後方勢が上位を独占する形となった。

 

その中で最もその能力を遺憾なく発揮したのが1番人気のレッドルゼル。道中中団の内で脚を溜めながらレースを進めると、完璧な捌きを見せてうまく抜け出し、あっさり先団へ。そこからは大外から猛追して来たワンダーリーデルと併せて先に抜け出していたタイムフライヤーをゴール前で交わし、最後にもうひと伸びして2着馬をアタマ差抑えて優勝を決めた。

 

勝ったレッドルゼルは父ロードカナロア、母フレンチノワールという血統。鞍上の川田将雅騎手はルメール騎手の4週連続重賞勝利を阻止し、自ら先週の東海Sに続く2週連続重賞勝利を達成した。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました