テキ・ヤネ共に2週連続の重賞勝利

アンドヴァラナウト、ローズS快勝で秋華賞に名乗り!

 

最後の牝馬3冠レース、秋華賞参戦に向けて重要な一戦となるステップ重賞、第39回ローズSが19日中京競馬場で行なわれ、福永祐一騎手騎乗の4番人気馬アンドヴァラナウトがゴール前、逃げ粘るエイシンヒテンをゴール前残り150m付近で捉えると、そのまま一完歩ごとに突き放して優勝。堂々最後の3歳牝馬GⅠ獲りに向けて堂々名乗りを挙げた。

 

ゲートが開いてまず馬群の真ん中から飛び出していったのはエイシンヒテン。後ろから仕掛ける馬もいなかった為、マイペースでの一人旅となった。その分、最初の1000mの通過タイムも61秒2とスローな流れに。こうなると後方待機組の出る幕はない。速めに仕掛けたタガノディアーナが5着に食い込んだのが最高で、人気のクールキャットやタガノパッションなどは、まさに見る影もなかった。

 

そんな中、堂々圧巻の走りを見せたのが、祖母にエアグルーヴを持つ良血馬アンドヴァラナウト。道中6番手でレースを進めていた彼女は、直線に入るまで追い出しを待ち、前を向いてからはそこから一気にギアアップ。メンバー最速の上がりで前を捉えると、残り150m付近で逃げ粘っていたエイシンヒテンをついに捉え先頭に。そこからは一完歩ずつ後続を突き放すと最後は1馬身半近い差をつけて優勝を決めた。

 

 

勝ったアンドヴァラナウトは父キングカメハメハ、母グルヴェイグという血統。同馬を管理する池添学調教師は先週の京成杯AHに続き、2週連続の重賞制覇となった。また鞍上の福永祐一騎手も前週の紫苑Sも制しており、2週連続の秋華賞トライアル制覇。本番どちらの手綱を取るかも注目されるところである。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました