【私の中の名馬】歴代名馬を差し置いてどうしてもいの一番に浮かぶ馬こそ、オグリキャップだ!

◆オグリキャップ…オグリキャップは1987年に笠松競馬場でデビューし、12戦10勝を記録し中央へ移籍。第二次競馬ブームを巻き起こした名馬

世の中で名馬と呼ばれる馬は沢山いる。近年ではディープインパクト・ウオッカ・ナリタブライアン・トウカイテイオー・シンボリルドルフなど、そして今年三冠馬になったオルフェーヴルは、有馬以降の活躍次第で名馬の仲間入りを果たすことだろう。 その歴代名馬を差し置いてどうしてもいの一番に浮かぶ馬こそ、オグリキャップだ。 公営・笠松から中央入りした境遇、血統からこの馬が勝ち続ければ人気が出るのは当たり前だったのかもしれないが、その成績はあまりにも強烈。 阪神ペガサスS衝撃のデビューから毎日王冠まで重賞6連勝。そして、年末にはタマモクロスを破り有馬記念を制する。この馬が出てきたことで空前の競馬ブームが起こったのだ。 そんなオグリを私の名馬ランキングで1位にしてくれたレースは2つある。 ①バンブーメモリーとの死闘を制したマイルCS ②1週間後連闘で2.22.2の世界レコードを出すもホーリックスに屈したJC。 デビューから5歳春の宝塚まで実に29戦。一流馬にしては実に多いレースをこなして連闘も重なり過酷な競走生活の反動から、5歳秋は敗戦が続いた。 しかしラストランの有馬で見事なる復活。鳴り止まないオグリコール。こんなドラマを作った馬は後にも先にもこの馬だけだろう。いつまでも記憶に残り真っ先に出て来る名馬。 それが、オグリキャップです。

 

columnist

colum-A

  • Horse racing Party
  • 競馬関係者 A
  • TRACKMAN トラックマン
  • 元トラックマンという経歴を活かした競馬コラムを展開する。元トラックマンだけが知る情報も詰め込まれた、競馬ブロス所属の人気コラム二スト。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました