【今週のコラム】武豊騎手、10ヶ月ぶりの福島参戦

◆今週土曜、武豊騎手が10か月ぶり福島競馬場で騎乗する。勝算は?

4月22日、福島競馬場に武豊騎手が参戦する。何でも昨年7月のラジオNIKKEI賞でブラックスピネルに跨って以来、約10か月ぶりとの事だが、東日本大震災で改修工事を行なって以降、武豊騎手は2回しか福島を訪れていない。もちろん、関西のトップジョッキーが関東ローカル場に来る事自体、なかなか珍しい事だとは思うが、新潟でさえ2012年以降5回乗りに来ている事を考えると、この数は格段に少ないと言えるところだ。

ところが一方、福島での成績はというと、連対率25%、複勝率41.7%と、極めて高い数字をマークしている。前回も2鞍のみの騎乗だったが、3着、5着といずれも掲示板に乗せてきた。やはり久々に来場する分、それなりに勝負になる馬が集まってくるのだろうし、陣営もかなり力を入れている表れなのだろう。良い馬に良い騎手が乗れば好走する。これは自然の摂理であり、そう考えれば、寧ろこの結果は当然なのかもしれない。

かくいう今回も、今年に入って2回連続重賞3着と惜敗しているクインズミラーグロを筆頭に、各有名厩舎、有名馬主の馬がずらりと名を連ねている。約1年ぶりの舞台で、現在の日本競馬界を引っ張る武豊騎手がどのような競馬を見せるか、注目していきたいところだ。

 

columnist

colum-B

  • Horse racing Party
  • 競馬関係者 B
  • FORMER/CLERK 元・厩務員
  • 元・厩務員の競馬コラムニスト。G1を何度も制した美浦の某一流厩舎に籍を置き、低迷の時代から黄金時代までその厩舎の中心で活躍し続けた伝説的存在。引退後は、その経験を主軸にコラムを執筆する。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました