【第35回】フェブラリーS  ノンコノユメ、「正夢」に!

記事:渡部庄治 写真:山田暢大

王者連覇の夢を打ち砕きノンコノユメ、フェブラリーS制覇!

中央開催において今年初のGⅠレースとなる第35回フェブラリーSが18日東京競馬場で行われ、内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメがゴール前、ゴールドドリームとの壮絶な叩き合いを制して優勝。念願のGⅠ初制覇を成し遂げた。

2018年のダート頂上決戦。まず何より注目を集めたのが、JRAダートGⅠ3連勝を狙うゴールドドリーム。鞍上も昨年のチャンピオンズCでコンビを組んだ世界のトップジョッキー、R.ムーア騎手で、そういった事もあり単勝2.1倍と堂々の1番人気に推された。またその対抗には、いぶし銀古川吉洋騎手と共に1歩ずつここまで上り詰めてきたテイエムジンソクが推されていた。先行押し切る雑草魂テイエムジンソクか、末脚炸裂させるエリート馬ゴールドドリームか。あるいはこの2頭に割って入る馬がいるのか。例年になくファンの注目は高かった事だろう。

そしてレーススタート。ゲートが開いてまず飛び出したのが内の2頭、ニシケンモノノフとケイティブレイブ。しばらくハナの取合いが続いた為か、気づけば前半1000m58秒3というとてつもなく速いペースになってしまった。こうなると先行勢には厳しい流れになり、そのとばっちりをもろに受けてしまったのがテイエムジンソクだった。道中は3、4番手で快調に飛ばしていたものの、息を入れるところなくレースが進んでしまい、直線に入る頃には余力を残せず、結局12着に終わった。

逆にこの流れを味方につけたゴールドドリーム。後方待機から4角回ると共にギアを挙げていき、直線に入って末脚を一気に爆発させて坂を駆け上り、残り200mではあっさり先頭に立った。このまま押し切るかと思われた矢先、外から猛追してきたのが、前走根岸Sで復活の末脚を見せたノンコノユメ。メンバー最速36秒1という鬼脚を見せて一完歩ずつゴールドドリームに近づくと残り100mで併走状態に。並ばれたゴールドドリームも王者の意地を見せてしばらくはハナを譲らなかったが、最後はノンコノユメの勢いが勝り、クビ差前に出たところがゴールとなった。

勝ったノンコノユメは父トワイニング、母ノンコという血統。馬主、山田和正氏の長女、のどかさんの愛称からその名を受けた母親「ノンコ」から生まれた「ユメ」は、馬主山田和正氏にとっても、管理する加藤征弘調教師にとっても、「初のJRAGⅠ制覇」という形で彼らの正夢となった。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました