【第55回】弥生賞  2歳王者ダノンプレミアム、クラシック獲りへ視界良し!

記事:渡部庄治 写真:山田暢大

無敗のままの完勝劇!ダノンプレミアム、弥生賞制覇!

牡馬クラシック一冠目、皐月賞へ直結する重要な一戦となる第55回弥生賞が4日中山競馬場で行われ、川田将雅騎手騎乗のダノンプレミアムが単勝1.8倍という圧倒的1番人気に応えて快勝。デビュー以来無傷のまま皐月賞へ臨む結果となった。

今年の弥生賞は出走馬10頭と少頭数ながら、無敗馬3頭、パーフェクト連対馬6頭というレベルの高い顔ぶれとなった。その中でも最も注目を集めたのが、昨年無敗のまま最優秀2歳牡馬に選ばれたダノンプレミアム。特に昨年の2歳GⅠ朝日杯FSでは、2着以下に3馬身半差をつける圧勝劇を見せ、堂々2018年クラシック戦線の主役に躍り出た。そんな彼の復帰初戦。「出来はまだ6割5分」という噂もある中、前日の単勝オッズで1.1倍という圧倒的支持を受けるほどファンの期待度は高いものだった。

そして彼はその期待に見事応えてみせるのである。

ゲートが開いて、大外からサンリヴァルが飛び出していく中、ダノンプレミアムもその勢いに付いて行く形で2番手の位置。一時は前に負けじとする部分も見せたが、そこは鞍上の川田将雅騎手が見事抑えて見せ、2コーナーでは逃げ馬を4.5馬身先に行かせる形で向こう正面に入った。一方一人旅となったサンリヴァルは道中ゆっくり自分のペースに持ち込み、気づけば前半1000mを1分1秒5という、前残りを狙うにはお誂え向きの流れを作った。ところがそのペースに気付いた後続が後半一気に動いていく。各馬早めに前を捉えに掛かり、4角に入る頃には逃げ馬のすぐ後ろまで押し上げていた。そしてそこから2歳チャンプの実力を如何なく発揮していくのである。

4コーナーのカーブから直線に入る際、外に出して馬場の真ん中を選んだダノンプレミアムはしばらく内ラチを走るサンリヴァルを見ていたが、残り200m、川田騎手がクビをグイと押すと、それに反応するかのように一気に加速。アッサリ先頭に躍り出て1馬身の差をつけると、あとは後方から上がり33秒7という一気の脚で飛んできたワグネリアンの猛追をさらっと退けてそのまま優勝。本番のクラシック一冠目、皐月賞に向けて盤石なスタートを切る事に成功した。

勝ったダノンプレミアムは父ディープインパクト、母インディアナギャルという血統。今回8kg増と本番に向けて余裕残しの馬体だったが、蓋を開けてみれば史上12頭目の無敗馬V.また前年の最優秀2歳牡馬がこのレースを制したのは史上5頭目の快挙となった。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました