【第54回】金鯱賞  スワーヴリチャード、初GⅠ制覇へ視界良し!

記事:渡部庄治 写真:山田暢大

これぞ強い4歳馬勢筆頭格!スワーヴリチャード、金鯱賞制覇!

昨年から昇格したGⅠレース、大阪杯への前哨戦となる第54回金鯱賞が11日中京競馬場で行われ、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気スワーヴリチャードが力強い脚でいち早く抜け出し優勝。念願のGⅠ制覇に向け、幸先の良いスタートを切った。

大阪杯がGⅠに昇格した事を受け、その前哨戦として昨年から施行時期が春の中京に移された本レース。昨年このレースを勝ったヤマカツエースはその後大阪杯に出走し、見事3着に入線した。そして今年も出走馬9頭と少総数ながら、うち8頭が重賞馬という骨のあるメンバーが集まった。そんな中単勝1.6倍という圧倒的1番人気に推されたのが、昨年のダービー2着馬スワーヴリチャード。昨年手が届かなかったGⅠ制覇に向け、陣営としても負けられないところだったのだろう。

そして本番。スタンド前からスタートしてまずポンと飛び出していったのが、サトノノブレス。その後ダッシングブレイズが続き、スワーヴリチャードはその後3、4番手の位置で競馬を進める。これまで中団から後方で競馬を進めていたスワーヴにとっては意外な流れになったように見えた。ただ前半1000mの通過タイムが1分3秒0とかなりスローな流れになった事を考えると、M.デムーロ騎手の選択は正しかったという事だろう。向こう正面から徐々に位置を押し上げて2番手につけると、そのまま前のサトノノブレスをじっくり見ながら直線へ。そして残り200mでサトノノブレスを捉えるとあっさり前を交わして先頭に立った。逃げるサトノノブレスも食らいついていき、最後大外からサトノダイヤモンドも詰め寄ってきたが、スワーヴリチャードは焦る事無く、最後は半馬身前を残してそのまま1着でゴールした。

勝ったスワーヴリチャードは父ハーツクライ、母ピラミマという血統。勝ち時計の2分1秒6は、金鯱賞が芝2000m戦になって以降、2番目に遅い時計(京都開催除く)だったが、レース振りとしては次走の大阪杯に大きく繋がるものとなった。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました