【第62回】大阪杯  スワーヴリチャード、念願のGⅠ制覇達成!

記事:渡部庄治 写真:山田暢大

馬主・調教師の悲願を叶える!スワーヴリチャード、大阪杯制覇!

春の古馬中距離GⅠ第1戦、第62回大阪杯が1日阪神競馬場で行われ、M.デムーロ騎手騎乗のスワーヴリチャードが1番人気に応え見事優勝。念願のGⅠ初制覇を成し遂げた。

昨年からGⅠに昇格された本レース。昇格第1回となった昨年は前年の年度代表馬キタサンブラックが堂々の競馬で優勝を決めたが、今年は一転、単勝3.5~4.0倍の間に3頭がひしめく混戦となっていた。前売から1番人気馬が目まぐるしく変わるなか、最後にその席に収まったのが、昨年のダービー2着馬スワーヴリチャード。前哨戦の金鯱賞を完勝してここに臨んできており、多くのトップジョッキーがドバイに赴く中、M.デムーロ騎手が同馬の為に留まったという事も1つの引き金となったのかもしれない。

そして彼は、1番人気に恥じない堂々とした競馬を披露する事になる。

ゲートが開いて外からヤマカツライデンとダンビュライトが飛び出していくなか、スワーヴはダッシュがつかずに後方から。ただ前半1000mの通過タイム61秒1という平均ペースで流れるなか、スワーヴは向こう正面から外を回って一気に進出。3コーナーに入る時には前から2番手の位置まで押し上げていた。一方、あの捲りでゴールまで持つのか、一抹の不安を感じる競馬ファンもいただろうが、それは全くの杞憂。直線に入って危なげなく先頭に立つと後続を全く寄せつける事無く完勝。2着には昨年のマイルCS馬ペルシアンナイト、3着には昨年の皐月賞馬アルアインが入り、上位3頭を4歳馬勢が独占した。

勝ったスワーヴリチャードは父ハーツクライ、母ピラリマという血統。管理する庄野靖志調教師にとっては開業12年目にして初のGⅠ制覇。馬主の(株)NICKSにとっても初のGⅠ制覇となった。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました