【第54回】小倉記念 1番人気馬トリオンフ、貫録のレコード勝ち!

記事:渡部庄治 写真:山田暢大

1番人気連敗のジンクスもなんのその!トリオンフ、小倉記念制覇!

夏の小倉開催伝統の一戦、第54回小倉記念が5日行われ、武豊騎手騎乗の1番人気馬トリオンフが2着のサトノクロニクルに3馬身の差をつけて優勝。勝ち時計1分56秒9というレコードタイムで重賞制覇を成し遂げた。

1965年のレース創設以来、関西馬が勝ち続けている本レース。ところが昨年関東馬のサンマルティンが2着に食い込み、小倉記念の歴史に風穴が空くまであと一歩というところまで詰め寄った。同馬は今年も参戦予定で、今度こそという気概が強かっただろうが、そんな馬達を差し置いて1番人気に推されたのは、ここまで小倉はパーフェクト連対で、今年の冬には小倉大賞典も制しているトリオンフ。しかも鞍上が同重賞3勝の武豊騎手とくれば、その期待度の大きさも頷けるものであった。

そして彼らは、その期待に違わぬ走りを見せてくれる事になるのである。

ゲートが開いて、ジワッとハナに立ったマウントゴールドを前に見ながら、トリオンフは2番手の位置でレースを進める。前半1000mを1分ちょうどで通過するペースの中、トリオンフは終始楽な手応えで追走。そこから4コーナーに入る頃には馬なりの状態で先頭に立ち、そのまま直線へ。そこからもスピードは衰える事無く、追撃態勢に入った後続をあしらうかのようにグングンと付き離し、気づけば2着以下に3馬身の差をつける快勝劇でゴール板を駆け抜けた。勝ち時計は圧巻の1分56秒9というレコードタイム。2番人気のサトノクロニクルもトリオンフと同時に動き出したが全くついていけず、2着に入るのが精一杯。昨年2着のサンマルティンに至っては後方待機策を取るも良いところなく7着に敗れ、歴史を変える事は出来なかった。

勝ったトリオンフは父タートルボウル、母メジロトンキニーズという血統。これにより鞍上の武豊騎手は同重賞4勝目。小倉重賞16勝目とし、改めて小倉巧者の印象を強くさせた。またトリオンフ勝利により、同重賞の1番人気連敗記録は12でストップした。

【競馬ブロス】競馬ニュースとは?

【競馬ブロス】における競馬ニュースは、競馬開催週のあるレースに焦点をあて、ピックアップした情報を配信するコンテンツです。対象のレースは重賞だけではありません。毎週、【競馬ブロス】独自の情報を、配信しておりますので、見逃されることなくチェックしてください!
タイトルとURLをコピーしました